【新聞紙レクリエーション】機能訓練にもなる蹴り出してゲーム

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

アイデアわくわくリハビリのライターでもある作業療法士の山口です。

当ブログは、リハビリテーション、作業療法、介護予防、認知症予防、レクリエーション、コミュニケーションに特化した記事を投稿しています。 

高齢者の方々、介護・医療のお仕事をされている方々、介護をされている方々の役立つ情報などを配信しています。

今回は、新聞紙を使って下肢筋力を鍛えたり、全身の血流改善ができるレクリエーションをご紹介いたします。 

高齢者の方々にとって、生活に必要な足腰の力を鍛えることができるレレクリエーションです。

では、下記からどうぞ!

蹴り出してゲームについて

蹴り出してゲームとは、どのようなレクリエーションなのか?

蹴り出してゲームとは、丸めた新聞紙をボールにして、相手チーム側へたくさん蹴り出せたら勝ちというレクリエーションです。

詳しくは、下記の項目に沿ってご紹介します。

  • 準備物
  • プレイ人数
  • 所要時間
  • 場所
  • 心身機能への効果
  • ルールについて

準備物

  • 新聞紙ボール 100個 (一人5個を目安にしています。20人の場合は、100個用意するようにしました)
  • 椅子

プレイ人数

10:10くらいが望ましいです。

所要時間

1分間 ✕ 3〜5セット

場所

デイサービスのフロア、公民館、集会場

心身機能の効果

身体機能への効果

  • 下肢筋力の向上(大腿四頭筋、前脛骨筋、腸腰筋の向上)
  • 有酸素運動(全身の血流改善)
  • 立ち上がり動作の向上
  • 座位姿勢の向上(バランス向上)
  • 更衣動作の向上
  • 排泄動作の向上

認知機能への効果

  • 記憶力
  • 判断力
  • 理解力
  • ストレスの発散

ルールについて

①2チームに分かれます。

②陣形は並列にします。

③2チームの間に線をテープで引きます。

④司会者(審判)が『スタート』と言ったら新聞紙ボールを相手チーム側へ蹴り出します。

⑤勝敗は、相手チーム側へ新聞紙ボールを蹴り出せたチームの勝ちになります。

まとめ

【新聞紙レクリエーション】機能訓練にもなる蹴り出してゲームは、いかがだったでしょうか?

【新聞紙レクリエーション】機能訓練にもなる蹴り出してゲームは、新聞紙を蹴ることで高齢者の方々は下肢筋力の向上が鍛えられ、日常生活に必要な動作の体力・筋力アップが期待できるレクリエーションです。

今回の記事があなたのお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また、お会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。