【高齢者向け脳トレ】脳が活性化!桃太郎カードゲーム

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

当ブログは福祉や介護や医療の職場(デイサービス、デイケア、小規模多機能など)で働かれている方々、ご高齢者の皆様のお役に立てるような情報を発信しています。

今回は、があがるレクリエーションをご紹介します。

桃太郎カードゲームについて

桃太郎カードゲームとは、どんなレクなのか?

桃太郎カードゲームは、カードを使った脳トレレクリエーションです。

桃太郎に登場するキャラクター描かれたカードを使います。

3枚の手札を配布、そのうち1枚を交換し置いてあるカードを1枚引き、めくります。

先に決まり手が揃った方の勝ちです。

※決まりては下記にご紹介します。

詳しくは下記にご紹介します。

注意事項>レクの内容と準備する

今から以下の5つについて解説します。

  • 準備物
  • プレイ人数
  • 所要時間
  • 場所
  • 効果

では詳しく解説します。

準備物

専用カード 63枚

桃太郎、さる、いぬ、きじ、赤鬼、青鬼、緑鬼 7種類を各9枚枚用意します

プレイ人数

2〜6人くらいが基本プレイ人数です。

7以上の人数になると順番が回ってくることが遅くなり、集中力・モチベーションが低下してしまう恐れがあるのでオススメできません。  

所要時間

約5分

一回のプレイにかかる時間は約5分です。

集中力が持続しやすく、モチベーションも低下しにくいです。

短時間で勝敗の結果がわかるので繰り返し取り組みやすく疲労感を感じにくいです。

場所

  • フロアのテーブル
  • リハビリ室
  • 病棟談話室

桃太郎カードゲームの効果

身体機能面の効果

  • 指の器用さ(巧緻性)
  • 上肢機能
  • 座位姿勢(バランス・体幹筋)

精神機能面の効果

  • 脳内の神経伝達向上
  • 理解力
  • 判断力
  • 集中力
  • 記憶力
  • 気分の改善(ストレス軽減)

ルール

ではルールの説明を以下の3つにわけて致します。

  1. 基本ルールについて
  2. アレンジルールについて
  3. 注意事項について

基本ルール

①カードをシャッフルして、参加者に3枚配布します。

3枚のカードは手元に絵柄が見えるようにおきます。

残りのカードはふせて机の上にバラバラにおきます。

※最初に配布した時に決まり手が出た場合は、やり直して再度配布します。

②じゃんけんして、勝った方から時計回りに進めます。

手持ちのいらないカードをふせて、机に置き、カードを1枚とります。

③勝敗は、先に決まり手のカードが揃ったら勝ちとなります。

対戦例

2人の場合

カードを置き、カードをひきます。

決まり手のカードが揃えば勝ちです。

この場合、いぬ、さる、きじの決まり手で左側の方の勝ちとなります。

決まり手の種類

  • 同じカードが3枚(桃太郎、さる、いぬ、きじ、赤鬼、青鬼、緑鬼 7種類のうち3枚揃えばOK)
  • さる、いぬ、きじが1枚ずつ揃えばOK
  • 色違いの鬼が1枚ずつ揃えばOK

アレンジルール

  • 決まり手・枚数を変更:全種類1枚ずつ揃ったら勝ち ※手持ちのカードを7枚にする。桃太郎、さる、いぬ、きじ、赤鬼、青鬼、緑鬼 7種類を1枚ずつ揃えたら勝ちになります。
  • 決まり手を桃太郎が3枚:桃太郎が3枚揃った方が勝ちとする限定ルールにする。※揃いやすいように桃太郎のカード数を多く用意する。

注意事項

  • 机の上に置くカードは参加者の皆さんから取りやすいように中央に置きましょう。
  • カードが取りにくい場合は、バスタオルを机におき、バスタオルの上にカードを置きましょう。

作り方

今から桃太郎カード作り方についてご紹介します。

  1. 準備するもの
  2. ダンボールを切る
  3. ダンボールを貼り付ける
  4. 完成

準備する道具と材料

  • のり
  • はさみ
  • 画用紙
  • 桃太郎カードの用紙

加工の工程

手順として、画用紙にプリントした桃太郎カードを貼り付けて切ります。

まとめ

【高齢者向け脳トレ】脳が活性化!桃太郎カードゲームはいかがだったでしょうか?

桃太郎カードゲームは、高齢者の皆さんに馴染みのある桃太郎の動揺をカードにした脳トレゲームです。

高齢者の皆さんで桃太郎の物語を思い出すことで、回想効果もあります。

また、長期記憶をたどり、当時の思い出を引き出すきっかけ作りになり脳が活性化します。

参加者の皆さんは、このように

  • 『子供や孫に読んで聞かせたのよ』
  • 『桃太郎ってどこから来たんだっけ?』
  • 『桃太郎の結末はどんなだっけ?』

など記憶を思い出すきっかけになり、効果的な想起訓練になります。

楽しかった思い出を語り合うことでさらに会話に花がさくこともあります。

認知症の方においても、とても記憶力を維持・向上させる効果的なリハビリ・訓練になります。

ぜひ、高齢者の皆さんで脳トレ要素を含んだ桃太郎カードゲームをぷれいしてみましょう。

以前の記事で干支カードを使ったレクリエーションをご紹介しています。

こちらも合わせて読んでいただくと提供するレクリエーションのバリエーションが増えます。

さらにレクのマンネリ化を防ぐことができます。  

関連記事:認知症の方とコミュニケーションがはずむ干支並べゲーム

今回の記事があなたの介護現場でお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。