脳トレにもなり高齢者・介護職員さんがクスッと笑える面白い川柳5選

数多くのブログの中からアイデアわくわくリハビリ・ブログに来ていただきありがとうございます。

ライターの作業療法士・山口健一です。

当ブログは、リハビリテーション、作業療法、介護予防、認知症予防、レクリエーション、コミュニケーションに特化した記事を投稿しています。

主に高齢者の方々、介護・医療のお仕事をされている方々、介護をされている方々に向けて役立つ情報などを配信しています。

You Tubeのchでは、レクリエーションやリハビリや考え方について動画を投稿していますのでこちらもお時間がありましたらご覧になってください。

2021年3月現在、チャンネル登録者が7900名を超えました。

多くの方に支持してしていただきありがとうございます。

本当に感謝しかございません。引き続きよろしくおねがいします。

今回は、脳トレにもなり高齢者・介護職員さんがクスッと笑える面白い川柳5選をご紹介します。

介護現場・高齢者の運動教室でウケること間違いなしです。

では、どうぞ!

脳トレにもなりクスッと笑える面白い川柳について

脳トレにもなり、クスッと笑える面白い川柳5選とは、どんな川柳なのか?

脳トレにもなり高齢者・介護職員さんがクスッと笑える面白い川柳とは、

日常生活のこと、当たり前のことをそのまま川柳(5・7・5)に合わせたモノです。

しょうもない当たり前のことなんですが、川柳に合わせて言うことで、笑いになります。

誰もが『当たり前やろ』とか『何じゃそりゃ』

ツッコミを入れたくなるような川柳です。

自分が高齢になったとして、川柳を書いてみました。

今もそこそこの初老ですが(笑)

なんで、この川柳を書いたのかと言いますと、

忙しいと心に余裕がなくなり、面白いことも笑えなくなったり、つまらなくなったと感じたりすることがあります。

そうなっては、日々日常を楽しく送ることができないのです。(自論)

なので、当たり前の日常を川柳にのせて言うことで、笑えて心に余裕を持てるようになるのではないかと考えて川柳を書いてみました。

これがですね。思いのほか、高齢者の方や職員さんにウケたのです。

そのウケた川柳を厳選して5選紹介したいと思います。

詳しくは下記の項目に沿ってご紹介します。

  • 年月
  • 時間
  • 食事
  • リハビリ

年月

今、三月 来月四月 次、五月

紹介した川柳は字数が合わなかったですが、字数をあまり気にせず雰囲気を楽しみましょう。

例えば、

今、二月 来月三月 次四月 

にすれば字数は合うのですが、雰囲気で書いてしまいました。(反省)

なので、読者の皆さんも楽しんで言ってみてください。書いてみてください。

時間

今、十時 一時間後は 十一時

食事

朝ごはん 昼ごはん食べ 夜ごはん

俺、入れ歯 私も入れ歯 皆、入れ歯

他にも口関連で思いついたのが

口クサイ 歯磨きすると 口キレイ

これは、口がクサイと実感している方などの前では言ってはいけませんよ(笑)

怒られる火種になりうる可能性が高いです。

こういう自虐ネタは面白いですが気をつけましょうね。

サラリーマン川柳などでもたくさん紹介されていますよね。ご覧になってみては、いかがでしょうか!

言葉・文章を考えることは大変脳トレになりますのでオススメですよ!

リハビリ

デイケアで 寝ながらスマホ リハビリよ

これは、もし、自分が要介護者になって、デイケアに通うようになったら

たぶん、スマホをいじりながらリハビリしているだろうなと思って書きました。

自分世代の方が要介護者になったら私と似たような人がきっといるはずです(笑)

コメントからの川柳紹介

ここからは、You Tubeのコメントやブログコメントからいただいた川柳をご紹介させていただきます。

頂いた川柳を随時アップしていきますので引き続きよろしくお願いします。

徳里さんより

  • 爪切りを お願いされたら 一人前
  • 笑顔から コミュニケーションの 第一歩

徳里さん、コメントありがとうございます。本当にその通りだなと思います。

爪切りって信頼されていないとお願いされないですよね。

コミュニケーションにかかせない笑顔!話す前の準備として笑顔でいることは大切ですね。

まとめ

脳トレにもなって、クスッと笑える面白い川柳5選は、いかがだったでしょうか?

今回、紹介した川柳は、どれもしょうもない内容でごめんなさい。

記事の冒頭で書きましたように

忙しいと心に余裕がなくなり、面白いことも笑えなくなったり、つまらなくなったと感じたりすることがあります。

なので、普段から心に余裕をもてるようにユーモアを忘れないようにしています。

また、何かしらの病気を患っていると気持ちも上がらないなどの抑うつ状態になることもあります。

そんな時に当たり前の日常を面白おかしく捉えることができれば、どんなに幸せか!

日常に面白いことはたくさんあります。

ただ、それを面白いと感じれなくなるともったいないですよね?

人生は、短いなんて言葉がありますが、その通りだと思います。

短い時間をいかいに楽しむかが大事だと思います。

なので、当たり前の日常を楽しめるように川柳を書いてみました。

この記事が読者の皆様のお役に立てますように願っています。

また、こんな川柳を考えたよって方がいらっしゃいましたら、問い合わせやYou Tubeのコメント欄に記入して送信してください。

よろしくお願い致します。

視聴者の皆さんで笑いの多い空間を作り上げていきましょう。

今回の記事があなたの介護現場・体操教室でお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以前の動画で脳トレにもなるクイズを動画でご紹介しています。こちらも大変好評いただいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。