高齢者の方の理解力・集中力・聴力の改善になるレクリエーション

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

福祉や介護や医療の職場で働かれている方々、ご高齢者の皆様のお役に立てるような情報を発信していけるよう日々努力しております。

今回は、高齢者の方の理解力・集中力・聴力などがあがるレクリエーションをご紹介します。

概要

2チームに分かれて、言葉を言って当て合うレクリエーションです。    

準備物

・A4用紙

・えんぴつ

・消しゴム

言葉用紙の作り方

一人4つの言葉を書きます。

書けない時はカテゴリーを提示しましょう。

『野菜の名前を書きましょう』

『果物の名前を書きましょう』

など書きやすいようにカテゴリーを紹介しましょう。

効果

・理解力

・集中力

・聴力

・記憶力

・書字能力

・上肢の運動

プレイ人数

・2〜6人

プレイ時間

1分/回  1試合 10分

場所

フロアのテーブル

ルール

①A4用紙を4分割に折ります。

②4分割した紙に言葉(単語)を一つ書きます。 魚、野菜、果物、地名、などを書きます。

③4分割して言葉を書き込んだ紙を折ります。

3:3の場合、紙数は24個できます。

④折りたたんが紙を混ぜます。

⑤じゃんけんして先攻後攻を決めます。

じゃんけんで勝った方が先に紙を引いて言う言葉を決めます。

一人一枚引きます。

⑥リーダーの『せーの!』合図とともに一斉に紙に書かれた言葉を言います 。

⑦言われたチーム(じゃんけんで負けたチーム)は、何と言ったか当てます。

当たっていたら○や☓のポーズをして正解・不正解をお知らせします。

当たったらその紙をもらいます。

紙はテーブルの上に置きます 。

回答する・聞くは交互に行います。

楽しくやっていきましょう。

⑧勝敗は正解した紙数の多いチームの勝ちとなります。

3:3の場合は、24枚できますので、4回戦できます。

注意事項

・間違っても気にせず笑いに変えましょう。

・内容が理解できない場合は、無理にしないようにしましょう。

・耳が遠い方には口をよくみて考えてみましょうと伝えましょう。

・重度の難聴があり、困惑するような場合はやめておきましょう。

書籍紹介

現場で役立つレク書籍をご紹介いたします。

ちょっとした時間にすぐに取り組めるネタが満載です。

また、現場でレクネタに悩んだ時に読んでみてください。

きっと、お役に立ちますよ。

ちょいレク50 集団編―元気な人向けレク (困った時のちょいシリーズ)

困った時のちょいレク50 上巻

困った時のちょいレク50 下巻

レク王参上―現場で役立つレクが満載!!

セミナー紹介

介護エンターテイメントの石田さんと一緒にレクネタを100連発するセミナーを開催します。

3月に東京、福岡、大阪で開催いたします。

詳細はこちらからご覧になれます ケアレク100 を覗いてみてください。

まとめ

高齢者の理解力・集中力・聴力の改善になる当てましょ!当てましょ!レクリエーションはいかがだったでしょうか?

高齢になると集中力・理解力が低下してきます。

日常生活の会話で、理解できないことが増える傾向にあります。

しかし、意識して人の話を聞くことで理解力は向上します。

人は意識を向ける(集中する)ことで残存機能は高まります。

なので、意識を向けてほしいのです。

一つに集中できると

『他のことに集中できますよ』

と伝えると他のリハビリや食事や入浴にも集中して意識を向けてもらいやすくなります。

つまり、レクリエーションをやっているのですが、生活訓練に役立つ集中力が養われるのです。

この記事が現場でお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。