高齢者の空間認識力、協調性、座位保持能力が向上するフライング福笑い

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

福祉や介護や医療の職場で働かれている方々、ご高齢者の皆様のお役に立てるような情報を発信していけるよう日々努力しております。

今回は、空間認識力・手の協調性、上肢運動、体幹筋力、座位保持能力などがあがるレクリエーションをご紹介します。

概要

福笑いを目隠しをせず、パーツを飛ばしてやるレクリエーションです。   

こんな感じです。(笑)ウケますよね^_^

福笑いは自分の思った通りにいかないところが面白いですよね。

準備物

・福笑いの用紙 (模造紙に手書きしています) ・顔のパーツ (ダンボールで手作りしています)

効果

・空間認識

・上肢機能

・巧緻性

・協調性

・体幹運動

・意欲

・集中力

プレイ人数

2人〜6人

プレイ時間

3〜5分/回

場所

フロアのテーブル

ルール

①福笑いの用紙を設置します

※目隠しはしません

②福笑いのパーツを隣の方からもらい、投げます

※パーツを自分で持てる方は自分で持ってもOK まずは、目ですね!よ〜く、狙って、狙って〜 えい! 目が・・・・ 次は〜 鼻! 狙って狙って〜 えい! あれれ・・・・次はほっぺ、えい!・・・・ 完成です!

『最初にしては上手くできたほうですね』なんて言いながらやってみましょう。

なんて、プラスのコメントを言いながら楽しましょう。 ウケますよ。(笑) 拡大してみました。

やっぱりウケます(笑)

他にもこんな感じになりました。

③うまくできなくても、OK! 皆さんで大笑いしましょう

注意事項

・ルールが理解ができない方に無理に進めないようにしましょう。

・一人でできない時はスタッフの人と一緒に行いましょう。

・励ましの言葉をかけながらプレイすると盛り上がりますよ。

レクの書籍紹介

笑わせてなんぼのポジティブレクリエーション―意欲向上・自己実現・健康増進・生活継続

尾渡先生のレク本を監修させていただきました。

よかったら読んでください。

まとめ

高齢者の空間認識力、協調性、座位保持能力が向上するフライング福笑いはいかがだったでしょうか?

福笑いの顔のパーツを飛ばすことで自分が意図している場所に置けず、アーティスティックな顔が出来上がりやすく、大変盛り上がります。

なので、高齢者の皆さんで何らかしらの疾患や認知症、症状があっても平等にできるレクリエーションです。

皆さんで年明けに大笑いして、良い1年を過ごしましょう。

それに空間認識力があがると生活能力も上がりますよ。

例えば、

更衣動作の改善ができます。袖を通す場所や服の前後左右の理解が向上します。

生活に役立ちますね。

それと、以前の記事で紙コップ飛ばしレクリエーションも面白いですよ。

こちらも合わせて読まれることをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。