高齢者レクリエーション!トランプで脳トレ!10・10ゲーム!

いつも読んでいただき誠にありがとうございます。
日常生活を楽しく過ごせるよう日々工夫をしているアイデアわくわくリハビリの山口です!
今回は、トランプを使ったレクリエーションをご紹介したいと思います。

10・10ゲームについて

このゲームはブレインマネージャーの創始者である川畑智先生に教えてもらいました。ブレインマネージャーはこちらから

この10・10ゲーム(じゅーじゅーゲーム)は、認知症の方でもMCIの方でも脳の機能回復につながるゲームです。

その理由としては、楽しく反復して計算学習、記憶訓練ができるからです。

つまり、脳の血流量が向上するから記憶力が向上するのですね。

そして、ゲームに集中することで、不安から開放されてストレスの軽減にもなります。

だから、効果的なゲームなんですよ。

詳しくはルールや動画からご参照ください。

準備物

トランプカードの数字で1から5を用意する 合計20枚

効果

記憶力、計算力、判断力、理解力、巧緻性、姿勢保持、笑い、血流量の向上

プレイ人数

2人から4人

プレイ時間

5分〜15分 1回あたり5分くらい

場所

フロアのテーブル

ルール

カードが無くなったらゲームは終了です。

取れたカードの枚数が多い方の勝ちとなります。

注意事項

・計算が一人で難しい方はスタッフが介助する

・勝敗にこだわらない

・脳の血流を良くするゲームですと伝えてから行う

・カードとテーブルの隙間が無くカードが取りにくい場合はバスタオルを引いて、その上で行う

動画

動画編集は介護エンターテイメントの石田さんがやってくれました。

石田さんは介護現場を元気にしようと全国を飛び回っている方です。石田さんのブログはこちらから

まとめ

1から5の数字を使ってできる脳トレレクリエーションゲームなんです。

数字の合計は60になります。

このゲームの良いところは、運さえ良ければ勝てるところです。

記憶障害があっても勝てるチャンスがあるのです。

レクリエーションの醍醐味で良いところは平等性逆転性だと思います。

誰もが楽しく参加できる内容でないといけないと思うのです。

そして、何よりもですね。

カードを繰り返しめくることで計算学習や記憶訓練ができるのです。

しかも、複数ですることで面白さや楽しさは倍増します。

そして、そして、置いているカードが全部無くなるのです。

※計算が間違っていたら申し訳ありません。

皆さんも上のトランプの配置から数えてやってみてください。

必ず、10になるようになっています。

介護現場で役立つレクリエーションです。

いや、効果を出すレクリエーションです。

ぜひ、オススメのレクリエーションです。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。