高齢者向けレク・超笑えて脳トレにもなる!新聞紙レクリエーション12選

数多くのブログの中からアイデアわくわくリハビリ・ブログに来ていただきありがとうございます。

ライターの作業療法士・山口健一です。 当ブログは、リハビリテーション、作業療法、介護予防、認知症予防、レクリエーション、コミュニケーションに特化した記事を投稿しています。

主に高齢者の方々、介護・医療のお仕事をされている方々、介護をされている方々に向けて役立つ情報などを配信しています。

You Tubeのchでは、レクリエーションやリハビリや考え方について動画を投稿していますのでこちらもお時間がありましたらご覧になってください。

2020年11月現在、チャンネル登録者が5500名を超えました。

多くの方に支持してしていただきありがとうございます。

本当に感謝しかございません。引き続きよろしくおねがいします。

今回は、新聞紙を使ったレクリエーションを12選をご紹介します。

介護現場・高齢者の運動教室でウケること間違いなしです。

それに加えて少しアレンジ方法をご紹介していますので、ぜひ、ご覧になってください。

脳梗塞の方とも楽しくできるレクリエーションネタが見つかりますよ!

では、どうぞ!

超笑えて脳トレにもなる!新聞紙レクリエーション12選について

超笑えて脳トレにもなる!新聞紙レクリエーション12選とは、どんなレクリエーションなのか?

 超笑えて脳トレにもなる!新聞紙レクリエーション12選とは、アイデアわくわくリハビリ・山口が新聞紙レクの中から厳選して笑えて楽しくて心身機能の向上になると思ったレクリエーションです。

動画で新聞紙レクリエーションの方法やコツをご紹介していますのでご覧になってください。

動画をみていただくことで新聞紙レクの雰囲気なども分かっていただけて、介護現場や高齢者体操教室ですぐにご活用いただけますよ。

詳しくは下記の項目に沿ってご紹介します。

  1. すもう
  2. 切り絵
  3. ボール作り
  4. 小さくしましょう
  5. 大きくしましょう
  6. 宝さがし
  7. ボールつかみ
  8. 新聞紙タワー
  9. サッカー
  10. 新聞紙巻き巻きゲーム
  11. 輪っか拾い
  12. バンザイ

すもう

こちらは、細く切った新聞紙を引っ掛けて引っ張ります。新聞紙が切れなかった方の勝ちとなるレクリエーションです。

アレンジとして、1枚の細く切った新聞紙を引っ張り合い、長さが長かった方の勝ちとなる方法もあります。

切り絵

こちらは、お題に合わせて新聞紙を手で切り、切り絵を作るレクリエーションです。

勝敗は、切り絵が上手にできた方の勝ちとなります。

ボール作り

ボール作りは、新聞紙を丸めてボールを作るレクリエーションです。

勝敗は、早く1個の新聞紙ボールを作れた方の勝ちとなります。

アレンジとして、片手で丸めることで脳梗塞の方とも楽しくレクリエーションができます。

小さくしましょう

小さくしましょうは、制限時間30秒以内で新聞紙を小さく丸められた方の勝ちとなるレクリエーションです。

こちらのレクリエーションも片手で行うことで脳梗塞の方とも楽しくレクリエーションができます。

大きくしましょう

大きくしましょうは、制限時間30秒以内で新聞紙をたくさん丸めて大きなボール(玉)を作れた方の勝ちというレクリエーションです。

宝さがし

宝さがしは、段ボールにカラーボールを入れて、細く切った新聞紙をその段ボールの中に入れます。

その段ボールの中から、決まったボールを3つ、先に探し出せた方の勝ちとなるレクリエーションです。

こちらのレクリエーションも片手で行うことで脳梗塞の方とも楽しくレクリエーションができます。

ボールつかみ

ボールつかみは、新聞紙のボールを新聞紙の棒でつかんでカゴに入れるというレクリエーションです。

勝敗は、相手より先に全部のボールをカゴに入れきれた方の勝ちになります。

新聞紙タワー

タワーは、新聞紙を三角形状に折ったモノを用意します。

勝敗は、高く積み上げられた方の勝ちとなるレクリエーションです。

作り方は、こちらの記事でご紹介します。

高齢者レクリエーション!生活機能向上になる新聞紙タワー

サッカー

サッカーは、新聞紙でサッカーボールを作り、制限時間内蹴り合います。

タイムアップになった時に相手側にボールを蹴れていた方の勝ちとなります。

新聞紙巻き巻きゲーム

新聞紙巻き巻きゲームは、3枚の新聞紙をつなげて、相手よりも先に巻き上げれたら勝ちというレクリエーションです。

輪っか拾い

輪っか拾いは、新聞紙の輪っかを新聞紙の棒で拾い、カゴに入れるというレクリエーションです。

勝敗は、相手より先に新聞紙の輪っかをカゴに入れれた方の勝ちです。

こちらのレクリエーションも片手で行うことで脳梗塞の方とも楽しくレクリエーションができます。

バンザイ

バンザイは、二人向かい合って、手をパーにして新聞紙の棒を挟み持ちます。(上記の写真のように)

勝敗は、他の二人組より先にバンザイできたら勝ちです。

アレンジとしては、バンザイする回数を増やすことで難易度を変更することができます。

また、こちらのレクリエーションも片手で行うことで脳梗塞の方とも楽しくレクリエーションができます。

まとめ

高齢者向けレク・超笑えて脳トレにもなる!新聞紙レクリエーション12選はいかがだったでしょうか?

これからもたくさんの新聞紙をレクリエーションを投稿していきますので、よろしくおねがいします。

それと下記のお手玉レクリエーションをご覧になっていただくことでレクリエーションのバリエーションが増えますよ。

高齢者の皆さんが喜んでもらえること間違いなしです。

さらにレクのマンネリ化を防ぐことができます。

今回の記事があなたの介護現場でお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コロナウイルス感染予防に配慮したレクリエーションの記事を書きましたので、書籍をご紹介しておきます。

お時間がありましたら、ご覧になってください。

レクリエ 2020-2021 特別号 感染予防対策特集 (別冊家庭画報)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。