高齢者レクリエーション!誰でも思考力・理解力・記憶力・集中力UP棒取りゲーム

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

福祉や介護や医療の職場で働かれている方々、ご高齢者の皆様のお役に立てるような情報を発信していけるよう日々努力しております。

今回は、A4用紙とペンを使って指先の力や器用さ、上肢機能の協調性や可動域・疼痛改善の期待、集中力、理解力、記憶力の改善に期待ができる脳トレレクリエーションをご紹介します。

棒取りゲーム

このレクリエーション(ゲームは)A4用紙に棒を書き込み、その棒を交互に消していくというゲームです。

勝敗は、最後の1本の棒を消した方が負けとなります。

とても思考力が鍛えられるレクリエーション(ゲーム)となっています。

なぜ、このように思考力を使うレクリエーションを考えた方というと、

ご高齢になると感情の起伏が平坦になり、考える意欲が低下します。

つまり、嬉しかったり、楽しかったり、悔しかったり、残念がったりすることが若い頃よりも少ないのです。

個人的に人生の最後まで感動してほしいと思っているので、デイサービスに通われたら方々には何かしらの感情を動かせるようケア・支援・練習・レク・活動を提供していきたいと思っています。

なので、デイサービスに通われる皆様には何かしら感動してほしいです。

また、何かしらの体験を通じて感動してほしいと思います。

僕がリハ助手をしていた時の話はプロフィールにのせていますが、人は活動を通して元気になるのだと思います。(僕のプロフィールとリハ助手の話はこちらから

そして、活動体験で交流を深めてほしいと思います。

まずは興味関心を高めていただきたいと思っているのでとにかくいろんな活動を用意することが大切ですね。

今回は簡単で興味関心が高められるレクリエーション・棒取りゲームをご紹介します。

準備物

・A4用紙

・ペン(赤、青、緑)色の識別がしやすいペンが望ましいです

効果

・思考力

・判断力

・理解力

・推理力

・空間認識力

・集中力

・記憶力

プレイ人数

1:1 3人での個人戦

プレイ時間

3分 1回あたり3分前後

場所

フロアのテーブル

ルール

☆まずは図のように棒(縦線)を引きます。

①ジャンケンして先攻後攻を決めます。勝った方から線を消していきます。

例 先攻・赤 後攻・青としてします。

②交互に線を消していきます。

列は一気に消すことができますが、段をまたいで棒を消すことはできません。

必ず、消すのは列の中の1本、2本、3本、4本です。(列の本数に応じる)

③最後の棒を消した方の負けとなります。

図を参考にしてください。

アレンジルール

棒の陣形を変更することで思考するバリエーションが増えます。

ゲームの面白さが倍増します。

3人で行う場合、色の識別がしやすいペンを用意してください。

じゃんけんして勝った方から時計回りに棒を消していきます。

このように陣形を変えて3人、4人と楽しんでできます。

プレイする皆さんの意見を参考にいろんな陣形でトライしてみてください。

必勝ポイント

注意事項

ゲームのルールができない方にはおすすめできません。

その理由は、理解できないゲームを行うことでストレスとなるからです。

認知症の方の場合ですと、脳の萎縮を進めてしまう可能性があるからです。

思考力をあげる脳トレ

思考力をあげるレクといえば介護エンターテイメントの石田さんのブログでも紹介されていますのでリンクを添付しておきます。

これに何を描く?詳しくはこちらのぶぶろブログから参照してください。

このレクはQOLサービス発行の月刊デイでも紹介されていました。

QOLサービスさんはいろんな書籍を発刊されていますので、HPでご覧になってみてはいかがでしょうか?レクの達人になる書籍、生活リハに役立つ書籍、業務の改善に役立つ書籍などなどたくさんあります。一度、ご覧になられることをオススメします。

引用画像元はFUNSEEDより

まとめ

高齢者レクリエーション!誰でも思考力・理解力・記憶力・集中力UP棒取りゲームはいかがだったでしょうか?

簡単なレクリエーションから始めることでいろんな感情を引き出すきっかけになります。

その引き出した興味関心・感情・感動を次の活動に結びつけていけるように日々の関わりやレクリエーション活動につないでいきたいですね。

人は活動で元気になれます。

レクの先にある人生の楽しみを一緒に支援していきましょう。

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。