ペットボトルキャップ活用エコレク!4目並べ!

ども、どうも〜アイデアわくわくリハビリの山口です!
今日もまたまた身近な物を使って手作りのレクの道具を作りたいと思います。

今回はペットボトルのキャップを使ったレクリエーションをご紹介したいと思います。

レクリエーションの悩み

レクリエーションをするにあたって悩みってありますよね。

・上手くできなかったらどうしよう

・盛り上げきれるかな・・・・

・緊張する・・・・

・準備・片付けが面倒だな

・レクネタがつきたな

などなどあると思います。

そんなお悩みとは〜〜〜〜〜〜

今日でお別れです。

まず、レクを行う前の不安の9割は、調査・準備不足からくるものだからです。

つまり、調査、準備不足による勝手なマイナスなイメージで頭がいっぱいになっているのです。

なので、レクを行うにあたって、参加者の方の意見を聞き調査して、その内容に応じたレクの準備を行います。

そうすることで、レクの成功率は格段と上がります。

例えば、

サッカーをしたいという子供に『今日は野球をします』と言ってもテンションはあがりませんよね。

なのでマッチングを図ることが大切です。

マッチングを図るには常に意識してコミュニケーションをとることが大事ですよね。

それでも、忙しくて意見なんか聞く暇がないです〜ということもあると思いますが、送迎や食事中や入浴中、何かをしている最中に聞いてみると意外と答えてくれるものです。

レクリエーションの効果

レクリエーションを行うことで心身機能の改善が図れれます。

また、全身の血流改善にもなり、疼痛の軽減にもなります。

また、複数の参加者で行うことでコミュニケーションの機会にもなり、社会交流にもなりますよ。

皆さんで行うことで会話がはずみ『楽しかった』『面白かった』『話ができた』など快刺激になります。

その結果、良い感情が残り感情記憶として残りやすいのです。

準備物

ダンボールで作った盤(エクセルで作った盤)、ペットボトルキャップ

作り方

①ダンボールを用意します(ベニヤ板でも可能、エクセルで作った盤でも可能)

②立て・横4センチ幅でマス目を描いていきます

盤は完成です

効果

理解力、判断力、思考力、注意力、集中力、発想力、認識力、記憶力

プレイ人数

2人〜4人

プレイ時間

5分〜15分 1回あたり5分くらい

場所

フロアのテーブル

ルール

4目並べ 2人〜4人の場合

①ジャンケンで順番を決めます

②交互にペットボトルをおいていきます。

置き方はマスにおいてOK 線が交差している場所においてもOK

※参加者の方がやりやすい方法を選択する

③先にペットボトルキャップを4つ並べて方が勝ちになります

アレンジルール

3目並べ、5目並べで行うことも可能

縦・横・斜めに加えて四角に4つ揃えても勝ち

動画

まとめ

このペットボトルキャップ4目並べは3人で交代交代でオセロをされている利用者の方々をみて思いつきました。

対局で行うに当たり一人は見学になってしまうのです。

見学も良いのですが、3人同時にゲームができたら『もっと面白いのに』と考えました。

どうにかして3人で同時にゲームができないか?と考えて考案しました。

ペットボトルキャップ4目並べは、理解力、判断力、思考力、注意力、集中力、発想力、記憶力、認識力の改善・向上が期待できるレクリエーションです。

ペットボトルのキャップやダンボールを再利用することで制作費用は0円でできますよ。

一局のプレイ時間はだいたい5分から10分くらいです。

誰よりも先に4つ並べるようにと思考をめぐらせる脳トレゲームです。

自分が失敗しても次の相手がブロックすることができたり、二人のペットボトルキャップの配置を考えながら自分のペットボトルキャップを置いていかないと勝利できません。

ちなみに知的ゲームは認知症予防にとても効果的です。

ある研究によるとチェスやトランプなどの知的なゲームを週に2回以上行う方は、週に1回以下行う方と比較した時に認知症の発症率は1/3以下というのです。発症率は非常に低いのです。

ペットボトルキャップ4目並べはとても面白く思考力が身につくエコレクとなっております。

ぜひ、やってみてください。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。