認知症の方がコトバを思い出しやすくなるコトバ探しレクリエーション

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

福祉や介護や医療の職場で働かれている方々、ご高齢者の皆様のお役に立てるような情報を発信していけるよう日々努力しております。

今回は、認知症の方が言葉を思い出しやすくなるレクリエーションをご紹介します。

概要

6文字の言葉からさらに言葉(単語)を探し出すレクリエーションになります。

例えば、せんすいかん という言葉。

この6文字の言葉の中から言葉(単語)を探し出します。

探し方は6文字の言葉を分解に分解を重ねて、言葉を探し出します。

自分の記憶にある、知っている単語・言葉を思い出して、6文字の言葉の中から言葉を探し出すレクリエーションなんですね。

1文字の言葉、2文字の言葉、3文字の言葉、4文字の言葉、5文字の言葉、6文字の言葉というように言葉を探し出すのです。

探し出す順番は順不同でいいです。

思いつくままに言葉を出していきましょう。

ちょっと、練習で一緒に考えてみましょう。

では、一緒に せんすいかん で一緒に考えていきましょう。

 

では、

シンキングタイム

スタート!

 

 

 

いかがだったでしょうか?

どれだけ言葉が思いついたでしょうか?

この言葉以外にもたくさんありますので探して楽しんでみて下さい。

準備物

・紙

・ペンもしくはえんぴつ

・消しゴム

効果

・言葉の想起

・発話

・記憶力

・理解力

・判断力

・空間認識力

・集中力

プレイ人数

・1人から複数での個人戦としてプレイ可能

・2:2などのチーム戦も可能

プレイ時間

1回あたり5分くらい

場所

フロアのテーブル

ルール

①6文字の言葉が書かれた用紙を配布する。

※例えば、とうもろこし と書いてある紙を用意します。

②制限時間5分以内でその言葉の中からコトバを探し出す。

③勝敗は言葉を多く探せた方・チームの勝ちとなります。

※複数で行なう場合は、平等性を保つために同じ言葉を使う。

とうもろこし、いろえんぴつ、えんどうまめ などなど言葉に差異がないほうが望ましい。

【とうもろこし】という言葉で考えてみましょう

コレ以外にもたくさん言葉がありますので探してみてください。

例えば、もろこし とかありますよ。

コトバを探し出しやすくするコツ

次に言葉が探し出しやすいようにヒントを活用してみましょう。

そのヒントは言葉の文字数を書いておくのです。

そうすると言葉の文字数を意識して考えると言葉が出てきやすくなります。

例えば、1文字でいうと

と(戸)、も(藻)、こ(子)、う(兎)とかありますよね。

下記に言葉の出しやすいように例文をご紹介します。

参加者の中から出た言葉できる限りOKにしてくださいね。

なぜなら、OKすると盛り上がるし、承認欲求や肯定感が増すからです。

それに人はOKが出ると意欲の向上につながります。

注意事項

・一人で言葉が出ない方は職員の方と一緒に考えるようにしましょう。

・ルールが理解できない方は無理行わないようにしましょう。

オススメのレクリエーション書籍

現場で役立つレク書籍をご紹介いたします。 ちょっとした時間にすぐに取り組めるネタが満載です。 また、現場でレクネタに悩んだ時に読んでみてください。 きっと、お役に立ちますよ。

ちょいレク50 集団編―元気な人向けレク (困った時のちょいシリーズ)

困った時のちょいレク50 上巻

困った時のちょいレク50 下巻

レク王参上―現場で役立つレクが満載!!

まとめ

認知症の方がコトバを思い出しやすくなるコトバ探してレクリエーションはいかがだったでしょうか?

認知症の方々は言葉が思うように出てこないことがあります。

そんな時は『不安』になりますよね。

焦りますよね。また、恥ずかしかったりしますよね。

そんな不安な気持ちや焦る気持ち、恥ずかしい気持ちを少しでも減らしたいんですね。

レクリエーションで言葉の1文字、1文字のヒントを見ながら言葉を出す練習ができれば、言葉を思い出しやすくなります。

自分の個人因子に関係する言葉が出れば、長期記憶にアプローチすることができ、その人に合った想起訓練になりますね。

例えば、やまぐちけん(山口県)

僕が認知症になって自分の名前を思い出せなかったとして、このコトバ探しレクリエーションだったら嬉しいですよね。

やま(山)、まぐち(間口)、けん(県)、まち(街)、ぐん(軍)、やまけん(あだ名)などなど出やすいです。

また、『昔、皆からやまけんって呼ばれてたんじゃ』みたいな昔のあだ名などの昔話も出て、良いかもしれませんね。

脳は正しく使えば、脳神経細胞は増えることが分かっています。

コトバ探しレクはその人にとって楽しいと思えるようなキーワードでコトバをチョイスすることで効果的な脳トレレクリエーションになります。

3人で協力して行なうともっと楽しいレクリエーションになりますよ。

楽しかったというエピソード記憶にもなり、効果的な脳トレになります。

ぜひ、複数でされることをオススメします。

この記事が介護現場、医療現場でお役に立てたら嬉しいです。

以前に、牛乳パックで50音カードを使ったレクリエーションをご紹介しています。

こちらも合わせて読まれるとレクのバリエーションが増えますよ。

関連記事高齢者レクリエーション 50音カードで言葉作り

良かったら読んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。