割り箸取りゲーム

ども、どうも〜アイデアわくわくリハビリの山口です!
今日は身近な物を使って手作りのレクの道具を作りたいと思います。

今日は使うものは、『割り箸』です。

え!わりばし?と思われた方もいると思います。
割り箸は自分が小さい頃からよく工作で使っていました。
例えば、輪ゴムの鉄砲やお城を作ったりしていましたね。

そして、今回は割り箸を使ったレクリエーションをご紹介したいと思います。

レクリエーションの効果について

介護現場で、スタッフの方々が『レクリエーション何する?』と悩むがあると思います。
それに加えて、準備が大変、片付けが面倒、どうやってしたら盛り上がるのかなど意見もありますよね。
自分もあります。
めちゃくちゃ準備して、さぁ本番!
やってみると参加者の皆さんとテンションやテンポやリズムが合わず、チーン!となることがありました。
スタッフの皆さんは、他の業務と兼務しておられますよね。
お風呂介助や送迎をした後にレクリエーションを担当して疲れているとなかなかテンションが上がらなかったりしますよね。
そんな時に思いついたレクリエーションです。
準備・かたずけが簡単で利用者さん主体で盛り上がれるゲームを思いつきました。
なおかつ、心身機能にも大変良い効果が得られますのでご紹介します。
レクリエーションが盛り上がることで、大いに笑い頭と手と足を動かします。
その分、全身の血流が良くなります。全身に溜まっていた老廃物が流れ、痛みとなる物質も流れていきます。
結果、記憶力が上がったり、痛みが減ったり、免疫力が上がったり、考え方が良い方向へ変わったり、リラックスできたり、仲良くなれたりと良いことがたくさん期待できるのです。
だから、レクリエーションは良いですよね。

準備物

割り箸、輪っかになるようなモノ(今回は竹を使用)、割り箸25本、テーブル、椅子
工作として必要な道具
カッター、紙やすり、マジックペン

作り方

割り箸25本を割ります。
変に割れたものでも、そのまま使ってOKです。
※縁起が悪いと思うならカッターなどで削ってください。

効果

巧緻性、集中力、判断力、理解力、気分の高揚、

プレイ人数

2人〜6人

プレイ時間

5分〜15分 1回あたり5分くらい

場所

フロアのテーブル

ルール

2人の場合

割り箸の上と下部分をひねりタワーを作ります

ジャンケンして先攻と後攻を決めます

交互に割り箸を1本ずつ引いていきます
タワーが倒したほうが負け

アレンジルール 引く抜く本数を増やす

割り箸の裏に赤色をつける 約15/50本につける
赤色のついた割り箸を引いたら2本引く 次も赤色の割り箸を引いた場合、さらに2本引く
交互に割り箸を引き合い、倒したほうが負け

アレンジルール 色で合計点数を競う

割り箸の裏に赤色、青色、緑色をつける 各10本ずつにつける
赤色:3点 青色:2点 緑色:1点 無色:0点
交互に割り箸を引き合い、倒した時点でプレイ終了
終了した時に手持ちの割り箸の合計点を競う
得点が多いほうが勝ち

3人〜6人の場合

ジャンケンして先攻と後攻を決めます
交互に割り箸を1本ずつ引いていきます
タワーが倒したほうが負け

アレンジルール 引き抜く本数を増やす

割り箸の裏に赤色をつける 約15/50本につける
赤色のついた割り箸を引いたら2本引く 次も赤色の割り箸を引いた場合、さらに2本引く
交互に割り箸を引き合い、倒したほうが負け

アレンジルール 色で合計点数を競う

割り箸の裏に赤色、青色、緑色をつける 各10本ずつにつける
赤色:3点 青色:2点 緑色:1点 無色:0点
交互に割り箸を引き合い、倒した時点でプレイ終了
終了した時に手持ちの割り箸の合計点を競う
得点が多いほうが勝ち

アレンジルール 2本とる、逆周り、一人飛ばすのルール追加

割り箸の裏に赤色、青色、緑色をつける 各10本ずつにつける
赤色:2本引く 2本目も赤の場合は2本書く
青色:逆周りに回る
緑色:一人飛ばす
無色:何もなし
割り箸を引き合い、倒した時点でプレイ終了
倒した方が負け

その他の物でも作れます

動画

まとめ

割り箸取りゲームは割り箸を交互に引き合い倒した方が負けというシンプルなゲームでとても盛り上がるゲームです。
さらに、割り箸の裏に赤色、青色、緑色を付けることでルールを加えることで更に楽しめます。
みなさんのオリジナルルールを加えて楽しんでみてはいかがでしょうか?
例えば、赤色は3本引く、青色は手持ちの割り箸をタワーに差し込むなどアレンジすることで楽しくなります。
プレイする方々で話し合って、ルールを決めることも楽しいですよね。
ゲームってルールを考えたり、みんなで笑ったりすることでさらに盛り上がりますよね。
笑うことで心身機能の向上は大変期待できますので、ぜひ、やってみてください。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

2 件のコメント

  • 神奈川のケアレクではお世話になり、有難うございました。介護の仕事に就いて日も浅いこともあり、たくさんの方のなかで緊張していました。そのあとすぐに週3日初任者研修でした。やっと終わりまだ疲れが取れていないです(笑)みなさんパワフルですね。
    先生申し訳ございません。Facebookから1度入らせて頂いたのですが、良く分かっていないのであまり得意ではないこともあり、お友達承認大変失礼いたしました!それで、こちらにメッセージいたしました。
    最近やっとゆとりができ、先生から教えていただいたレク・・・割りばしゲームと時限爆弾ゲームをやらせて頂き好評です!
    利用者様のADLと認知の度合いにもばらつきがあり、考えながらです。
    割りばしゲームの竹の輪を頂き、有難うございました。
    もっと作りたいと思っていたら、こちらを見て良かった!牛乳パックですね。小さい紙コップの輪切りでも作り、大小3セット。負けたら アイーン をして頂きました(笑)
    研修で腸でセロトニンが95%作られ、セロトニンは神経を安定させるのですね。
    便秘の改善の為のレクをすること
    と勉強になりました。取り入れていきたいです。
    寝る前のマッサージも教えていただき、皆さんにお伝えしたいと思いマス!
    遅くなり、申し訳ございません。
    また、宜しくお願い致します!

    • 小野寺様
      ご連絡ありがとうございます
      フェイスブックの友達申請ありがとうございます
      嬉しいです(^o^)もう一度よろしければ、再度申請をお願いします
      自分も検索いたしましたら、同姓同名でよくわかりませんでしたので、
      もう一度申請とメッセンジャーでメールをいただけたら嬉しいです

      それと研修内容は早速取り組んでいただきありがとうございます
      小野寺様の職場、周囲の方々に伝わることを願っています

      今後ともよろしくお願いいたします(^o^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。