準備いらずどこでも楽しく脳を活性化できるタオルじゃんけんレクリエーション

当ブログをいつも読んでいただきありがとうございます。

当ブログは福祉や介護や医療の職場(デイサービス、デイケア、小規模多機能など)で働かれている方々、ご高齢者の皆様のお役に立てるような情報を発信していけるよう日々努力しております。

今回は、準備が簡単で誰でも簡単にできるタオルじゃんけんというレクリエーションをご紹介します。

タオルじゃんけんについて

タオルじゃんけんとはどんなレクなのか?

タオルじゃんけんとは、ジャンケンして、

  • 勝ったらタオルを引っ張る
  • 負けたらタオルを押さえる

というタオル引っ張りじゃんけんです。

完全にタオルが引っ張れたら勝ちです。

 

タオルを完全に引っ張れたら勝ちです。この場合は、右側の方の勝ちになります。

詳しくは下記にご紹介します。

タオルじゃんけんレクリエーションの概要

今からタオルじゃんけんレクリエーションを以下の5つに分けて解説します。

  • 準備物
  • プレイ人数
  • 所要時間
  • 場所
  • 効果

では詳しく解説します。

準備物

  • 椅子
  • フェイスタオル

プレイ人数

1:1が望ましいです

所要時間

1〜3分

場所

場所は選びません

リハビリ室でもデイサービスのフロアでも、どこでも実施可能です。

タオルじゃんけんの効果

身体機能面の効果

  • 指の器用さ向上
  • 上肢の運動
  • 座位保持に必要な体幹筋力の向上
  • 座位保持することで心肺機能の向上

精神機能面の効果

  • 理解力
  • 判断力
  • 反射神経
  • 思考力
  • 笑うことでのストレス軽減
  • 笑うこと、肩甲骨周囲の運動による脳への血流向上

ルール

ではルールの説明を以下の3つにわけて致します。

  1. 基本ルールについて
  2. アレンジルールについて

基本ルール

①向かい合って座ります。(立ってもOKです)

一緒に『じゃんけん ぽん』と声を出しながらじゃんけんを行います。

②勝敗に応じてタオルを引きます。

勝ったらタオルを引きます。負けたらタオルを押さえます。

完全にタオルを引けるまで続けます。

完全にタオルを引けたら勝ちです。

続けて2回戦、3回戦とプレイしてみましょう。

アレンジルール

集団でプレイ

基本は1対1ですが、集団でプレイも可能です。

例えば、4人でタオルじゃんけんしたとします。

机の真ん中にタオルをおきます。

じゃんけんの勝敗で、勝った方がタオルを引っ張る・負けた方の3人で押さえる。

タオルを押さえる反応が遅くても誰かが手伝ってくれるので盛り上がります。

チーム戦でプレイが可能です。

3対3でタオルじゃんけんをする場合は、

勝ち抜き戦にするとチームでプレイすることができます。

先方、中堅、大将と順番を分けます。

チーム戦にすると連帯感が出て面白いですよ。

仲間づくりに役立ちますのでオススメです。

タオルじゃんけんを楽しむための注意事項

  • 血圧が高い方は無理せず、体調に合わせて行いましょう。
  • ルールが理解ができない時は介助を受けて参加してみましょう。例えば、本人さんはじゃんけん担当、職員さんがタオルを引く・押さえる  とかしていましょう。
  • 勝敗にこだわりすぎないようにしましょう。 
  • タオルを押さえているのに無理やりタオルを引っ張らないようにしましょう。

タオルじゃんけんの動画

以前、研修でご紹介しています。

セミナーでも介護現場でも盛り上がりますのでご参考にしてください。

まとめ

タオルじゃんけんはいかがだったでしょうか?

子どもから高齢者の方々まで楽しんでいただける内容となっています。

また、アレンジルールで楽しみ方が倍増しますし、仲間づくりに役立つと思います。

デイサービスに初めて来られて緊張している高齢者の方、認知症の方もじゃんけんがわかってタオルを引っ張る・押さえる動作ができれば、プレイできます。

タオルじゃんけんは勝敗を瞬時に判断し、タオルを引っ張る・押さえるという動作を行いますので反射神経を鍛えられて、脳トレになります。

脳トレ効果により脳神経細胞は増えます。

上記の動画でご紹介しているように皆さんで笑って楽しんでもらえることで緊張もほぐれます。また、仲間づくりになる最高(最幸)のレクリエーションです。

タオルじゃんけんで盛り上がった後にクールダウンもできるレクリエーションをご紹介します。

以前の記事で、ぐらぐら割り箸取りゲームをご紹介しています。

こちらも合わせて読んでいただくと提供するレクリエーションのバリエーションが増えます。

さらにレクのマンネリ化を防ぐことができます。  

関連記事:ぐらぐら割り箸取りゲーム

関連記事:【デイサービスで大人気のレクリエーション】認知症、高齢者の生活機能向上になるレクリエーション30選

関連記事:高齢者向け脳トレサイト10選

今回の記事があなたの介護現場でお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

生活も改善できるオススメのレクリエーション書籍

介護エンターテイメントの石田さんが特集されているレクリエの書籍です。

こちらの書籍では作業療法士の石田さんが、生活動作向上になる動作を取り入れた体操を紹介されています。

トイレ動作には、こんな動作が必要だったねと気が付かされる内容となっています。

それを楽しく学べるところが良いですね。

また、石田さんのユーチューブ動画と照らし合わせて読むことで楽しんで読むことができると思いますよ。

それに本の構成の色合いがとてもキレイで読みやすいです。

その他のレク紹介・歌体操もとても丁寧に紹介されています。

介護現場で役に立つこと間違いありません。

レクリエ 2018特別号 レクリエーションで機能向上大特集 (別冊家庭画報)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。