高齢者レクリエーション!認知症の方も大爆笑!反射神経を鍛えるリハレク!ピカゴロ!

いつも読んでいただき誠にありがとうございます。
日常生活を楽しく過ごせるよう日々工夫をしているアイデアわくわくリハビリの山口です!

今回は、ご高齢者の皆さんの反射神経に関わる機能全般を鍛えて、なおかつ大爆笑がとれるリハレク!ピカゴロをご紹介したいと思います。

ピカゴロについて

ピカゴロは僕が病院時代、通所リハに勤務している時によくやっていたネタです。

そのネタをご紹介します。

そして、以前、研修で伺った東彼杵町社会福祉協議会のレク研修などについてもご紹介します。

認知症になると反射神経や理解力や判断力などの認知機能が低下してくると言われています。

その認知能力を向上させる効果的なレクがあるのです。

筋トレも脳トレも笑って楽しく反復してできる活動や訓練が認知機能を改善する効果があります。

認知症の方やご高齢者の方々のリハビリでは、楽しく笑って反復してできる活動を繰り返すことで心身機能(認知機能)の向上につながります。

何度も言いますが、反復(繰り返すこと)が大切なんです。

そして、さらに効果をあげる方法は、活動した後に記憶に残るようにすることです。

記憶に残るようにするためには、感情を介した会話や感想、言葉かけが重要ですね。

例えば、

レクが終わった後に、握手して『楽しかった。また、やりましょうね。〇〇さんのおかげで盛り上がりました。』って皆さんで挨拶して終わりましょう。

と締めの挨拶を決めておくとお互いに感情を介した会話をして終わることで記憶に残りやすく、また、称賛して終わることでやりたいと思われることが増えます。

そして、良い時間を過ごすことで脳機能は活性化しますね。

このレクはとても簡単ですし、アレンジ方法がたくさんできるので後ほどご紹介します。

ワラカツの山下さんとコラボ、会場の皆さんとコラボと研修風景

山下さんは、ケアマネージャーで働く傍ら、ワラカツ(笑活)という地域活動をされています。

活動内容は地域の高齢者の方に心身機能の低下予防を図る体操教室・レク教室を行われています。

詳しくはFBの投稿からご覧になれます ※東彼杵町社会福祉協議会の投稿をみてください。

山下さんは、お話がとても上手で流暢な説明、わかりやすいレクは本当に素晴らしいです。

レクを行う前の説明や間やフリは本当に勉強になりました。

興味のある方はぜひ、問い合わせてみてください。

これからも僕はワラカツの活動、応援しています。

研修風景

準備物

椅子、机は有っても無くても大丈夫です

効果

理解力、判断力、認識力、聴力、記憶力、集中力、脳の血流アップ、有酸素運動、痛みの軽減、反射神経

プレイ人数

2人〜複数

プレイ時間

1回あたり5分くらい

場所

フロア

ルール

二人一組になります。

リーダーはレクの効果と内容を説明します。

右手で人差し指を立てます。左手は輪っかを作ります。

内容:リーダーは『ピカピカ〜ゴロゴロ〜   ドカ~~~ン』と言い、ドカ~~~ンの合図のともに、指を抜く動作と握る動作のデモ・説明を行います。

①向かい合って座ります。

②右手を人差し指を立てます。左手は親指と人差し指で輪っかを作ります。

③向かい合った状態で相手の左手の輪っかに右手の人差指を入れます。

④リーダーは『ピカピカ〜ゴロゴロ〜・・・   ドカ~~~ン』と言い、何回か繰り返します。

こんな感じで楽しんでください。

※このレクは”できた” ”できなかった”はありますが、勝敗はあまり気にせず、誰でも楽しくできます。

アレンジルール

①右手と左手を交換して行います。

②リーダーが参加者を指名して、参加者に『ピカピカ〜ゴロゴロ〜・・・   ドカ~~~ン』と言ってもらう。

③グループでできる。隣の方の手に指を入れるようにして輪っかになり行います。

④テーブルがある場合は、目の前にタオルをおいて、『ピカピカ〜ゴロゴロ〜・・・   ドカ~~~ン』の合図の元、そのタオルを取ります。

⑤新聞紙で④のバージョンを行います。

以前の記事でタオルジャンケンをご覧になるとレクネタが増えますのでオススメです。

注意事項

指をあげるので、周囲の方に注意する。指や腕を頭をぶつけないように注意しましょう。

参考書籍


やさしいレクリエーションゲーム

まとめ

高齢者レクリエーション!認知症の方も大爆笑!反射神経を鍛えるリハレク!ピカゴロ!はいかがだったでしょうか?

このリハレクは大爆笑がとれます。

リーダーの進行がうまくいかなくても、参加者の皆さんの『ピカピカ〜ゴロゴロ〜・・・   ドカ~~~ン』で盛り上がりますから安心してできるリハレクです。

高齢者の方々、認知症の方と一緒に大爆笑できるリハレクです。

笑うことで意欲の向上、意欲を引き出すきっかけになります。

そして、反復して行うことで、理解力、判断力、認識力、聴力、記憶力、集中力、脳の血流アップ、有酸素運動、痛みの軽減、反射神経などの改善に効果があります。

あなたのレクや体操の合間に活用していただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。