高齢者レクリエーション!認知症の方も大爆笑!反射神経を鍛えるリハレク!ピカゴロ!

いつも読んでいただき誠にありがとうございます。

日常生活を楽しく過ごせるよう日々工夫をしているアイデアわくわくリハビリの山口です!

今回は、認知症高齢者の皆さんの反射神経に関わる機能全般を鍛えて、なおかつ大爆笑がとれるレクリエーションをご紹介したいと思います。

ピカゴロについて

ピカゴロとはどんなレクリエーションなのか?

ピカゴロはレクの司会の掛け声『ドカーン』に合わえて、手を握る・抜くを同時に行ない反射神経を鍛えるレクリエーションです。

詳しくは下記にご紹介します。

ピカゴロの概要について

今から以下の5つについて解説します。

  • 準備物
  • プレイ人数
  • 所要時間
  • 場所
  • 効果

では詳しく解説します。

準備物

ありません。

プレイ人数

2〜6人くらいが基本プレイ人数です。

円形になることで大人数でもプレイすることが可能です。 また、並列でもプレイ可能です。

所要時間

3分〜5分

一回のプレイにかかる時間は約3〜5分です。

集中力が持続しやすく、モチベーションも低下しにくいです。

短時間で勝敗の結果がわかるので繰り返し取り組みやすく疲労感を感じにくいです。

場所

場所は選びません。

※手を引き抜いて壁に手が当たらないようにスペースを確保しましょう。

ピカゴロの効果

身体機能面の効果

  • 指の器用さ
  • 握る運動促進
  • 上肢の運動促進
  • 座位保持能力の向上

精神機能面の効果

  • 反射神経
  • 理解力
  • 判断力
  • 記憶力
  • 思考力
  • 集中力
  • 認知機能の向上(とくに側頭葉、頭頂葉、前頭葉)

ルール

ではルールの説明を以下の3つにわけて致します。

  1. 基本ルールについて
  2. アレンジルールについて
  3. 注意事項・アドバイスについて
  4. 生活場面で役立つポイント

基本ルール

まずは二人組になります。 ①右手を人差し指にします。左手を輪っかにします。

②向かい合った方と人差し指を輪っかに入れ合います。

レク司会の方の『ピカピカ、ゴロゴロ〜ドカーン』の合図と共に人差し指は抜く、輪っかは握る動作を同時に行います。

※一度、練習を行なうことをオススメします。

③勝敗は、捕まった方の負けとなります。

二人とも同時に捕まったら引き分けです。

勝敗にあまりこだわりすぎず楽しんで繰り返しやってみましょう。

アレンジルール

  1. 左手と右手のポーズを入れ替えてプレイする。
  2. 円形になり集団でプレイする。
  3. 手ではなく、タオルを取るでプレイする。
  4. 参加者の方に『ピカピカゴロゴロ〜ドカーン』と言ってもらう。

注意事項・アドバイス

  • 肩に痛みがある方は手を高く上げずに引くようにしましょう。
  • 手を上げるので周囲の人にぶつからないように十分なスペースを確保しましょう。
  • ムキにならないようにしましょう。
  • 視力障害がある方でも模倣をすることで参加可能です。

生活場面で役立つポイント

認知症高齢者の方は2つのことが同時にすることが苦手になります。 例えば、

  • 歩きながら話す
  • 洗濯と料理を同時にする

2つのことを同時にすること(二重課題)が苦手となり、転倒したり、鍋を焦がしたりというリスクが高まります。

ピカゴロを行なうことで聞く・動くという2つの動作を行なうことで二重課題が鍛えられて転倒予防につながったり、料理や洗濯や掃除の場面で物事を同時に行なうことに役立ちます。

介護現場でオススメのレクの参考書籍

やさしいレクリエーションゲーム

まとめ

高齢者レクリエーション!認知症の方も大爆笑!反射神経を鍛えるリハレク!ピカゴロ!はいかがだったでしょうか?

このピカゴロは高齢者の方でも子供でも大爆笑がとれます。

リーダーの進行でもうまくいくし、参加者の皆さんの『ピカピカ〜ゴロゴロ〜・・・   ドカ~~~ン』と言っても盛り上がりますから安心してできるレクリエーションです。

高齢者の方々、認知症の方と一緒に大爆笑できるレクリエーションです。

笑うことで意欲の向上、意欲を引き出すきっかけになります。

そして、ピカゴロを反復して行うことで、理解力、判断力、認識力、聴力、記憶力、集中力、脳の血流アップ、有酸素運動、痛みの軽減、反射神経などの改善に効果があります。

アレンジの項で紹介したタオルを使ったじゃんけんレクリエーションをご紹介しています。

こちらも合わせて読んでいただくことで提供するレクリエーションのバリエーションが増えますし、介護現場での笑いの数も増えますよ。

関連記事:タオルじゃんけん

今回の記事があなたのレクや体操の合間に活用していただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。