【高齢者向けおやつレクリエーション】HMと豆腐でドーナッツ作り

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

当ブログは福祉や介護や医療の職場(デイサービス、デイケア、小規模多機能など)で働かれている方々、ご高齢者の皆様のお役に立てるような情報を発信しています。

今回は、ホットケーキミックスを使って簡単にドーナッツを作れるおやつレクリエーションをご紹介します。

介護施設に通われる高齢者の方々と楽しくおやつレクが出来ますよ。

では、どうぞ!

HMと豆腐でドーナッツ作りについて

HMと豆腐でドーナッツはどのようなおやつなのか?

HMと豆腐を混ぜ合わせてドーナッツを作ります。

食感は、ドーナッツの外側はカリッ、中身は柔らかくモチっとしています。    

  • 分量
  • 作り方(手順)
  • 注意事項
  • 苦労した点
  • 費用

について下記にご紹介します。

分量

分量 約40個分

  • HM(ホットケーキミックス) 400g
  • 絹ごし豆腐 400g
  • 卵2個
  • 牛乳 50ML
  • チョコレートシロップ

作り方(手順)

①HMと豆腐を混ぜます。

②卵と牛乳を入れて混ぜます。

③フライパンに油を入れて170℃くらいに加熱します。

④スプーンですくって形を作り油に入れます。

⑤下面がこんがり焼けてきたら反転します。

⑥チョコレートシロップをかけて完成です。

※チョコレートシロップはかけなくても美味しいですよ。

注意事項

  • 生地を混ぜ合わせる時は混ぜすぎないようにしましょう。
  • かき混ぜ棒で行うと生地が中に張り込みますし、混ぜるのに力が必要です。
  • ドーナッツ作りは油の減りに注意しましょう。
  • 油の量が少ないと焼きムラや中まで焼けてないことがあります。

苦労した点

苦労した点については個人的な見解です。下記のことを工夫すれば綺麗に作ることができると思いますので書きます。

  • HMと豆腐を混ぜることにある程度の上肢の力が必要です。高齢者の方々で交互に混ぜることが疲労感を出さないことにつながると思います。
  • 生地に粘り気があるので綺麗な形して油に入れることが難しい。その場合は、スプーンを2つ使い、形をある程度整えて入れるようにすると上手くいったと思います。
  • 形が綺麗にできない時にチョコレートシロップをかけてオシャレを演出しました。

費用

費用はHMと豆腐のみで計算いたします。

248円+70円✕2丁=387円

387円÷40個=9.6円/個

※卵と牛乳は冷蔵庫にあったものを使用しました。

まとめ

【高齢者向けおやつレクリエーション】HMと豆腐でドーナッツ作りはいかがだったでしょうか?

分量と作り方と注意事項を中心にご紹介してきました。

ドーナッツ作りは準備から調理・おやつ食事・片付けまでして時間は60分くらいでした。

デイサービスなどの介護施設の午後からの活動にちょうどよいのではないでしょうか?

ぜひ、お試しください。

それとおやつレクリエーションを高齢者の皆さんと一緒にやっての感想を書いておきますね。

この感想があなたの介護施設でドーナッツ作りをしてみようという参考になったらいいなと思い書きます。

  • 男性高齢者とっておやつ作りは普段しない活動ということもあり、非常に熱心に取り組まれるように思います。
  • 一緒に作っていて生地作りや盛り付けには神経を使っていると思いました。
  • 女性高齢者の皆さんは、自宅で子供と作ったことや婦人会で作った思い出などを話したり、経験を活かした調理方法をされていました。

何かしらの参考になったら嬉しいです。

当ブログ内におやつレクリエーションや料理訓練などについて投稿していますのでよかったら合わせて読んでください。

関連記事:デイサービスのおやつレクにフレンチトーストをオススメしたい7の理由

関連記事:介護施設の料理訓練が自宅でもやってもらえるようにしたいと悩んでいるあなたへ

今回の記事があなたの介護現場でお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

オススメのHMを使ったレシピ書籍

ホットケーキミックスなら簡単! 300レシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。