高齢者レクリエーション!脳イキイキ若返りグーチョキパー体操

いつも当ブログを読んでいただき誠にありがとうございます。

当ブログでは、介護・福祉・医療の現場で働く方々や高齢者の皆さんや病気で悩んでいる方のお役に立てるような情報等をご紹介しています。

今回は、集団体操やレクの前にやっていただくと盛り上がるミニレク、脳イキイキ若返りグーチョキパー体操をご紹介したいと思います。

はじめに・なんで、脳イキイキ若返り体操の効果があるのか?

脳は使わないとドンドン衰えていきます。

脳の機能を効果的に高める方法があります。

それは、グーチョキパー体操です。

なぜ、良いのかというと脳へ適度に良い刺激を加えることができます。

良い刺激が加わると脳は神経のネットワークを強めていきます。

脳神経細胞が増えていきます。

特に手は神経細胞が多い場所なので手をたくさん使うことをオススメします。

そして、ちょっと複雑な動きをすることで脳へ効果的な刺激を与えることができます。

感覚刺激を通して脳を活性化

脳の支配神経は図のようになっています。

なので、手や口や足を複合的に動かすことで脳全体を活性化することができます。

五感を刺激して脳を活性化しましょう。

新しい刺激が脳を元気にする

人は記憶を頼りに日常生活を送っています。

新しい刺激は記憶にないことで、脳へ新鮮な刺激となります。

脳機能が働いていない部分に刺激が加わり脳を活性化してくれます。

間違っている方が効果的

頭で理解していて実際にやってみるとできない。

そんな時に脳は『どのようにしたらできる?』とフル回転しています。

できることを繰り返しやっても効果は低いのです。

ちょっと難しいことを『どのようにしたらできるかな〜』と考えることで脳の全体が活性化します。

だから効果的なんです。

できない=不安ではなく
できない=安心にしてください

その時の声かけはこうです。

『安心してください。できていない方のほうが脳に良い効果があります。心配しないでください』と声をかけてください。

安心が大事です。

脳イキイキ若返りグーチョキパー体操・解説

手と口を使ったほうが脳神経が活性化することは脳の構造を見てわかられたと思います。

ですので、口と手を使うグーチョキパー体操を行います。

まず、最初に基本バージョンを行います。

こんな風に繰り返し行います。

徐々にスピードを変えていくことで難易度がちょっとあがります。

ポイントはここでグーチョキパーという言葉とグーチョキパーの動きを連動させる動作として脳に覚えさせちゃうんです。

実は次の体操で間違いやすいようにするためなんです!

次に口と手の動きが異なるグーチョキパー体操を行いますと説明します。

こんな感じです。

こんな感じで口と手の動きがことなる体操のデモを行います。

この時点でうまくできない人がチラホラいます。

そして、できないことで『あれ、おかしいな、簡単なはず!』と思いつつやりますが、うまくいかないことで笑いが起きます。

さっきまでできていたのにこれくらいできるって脳が思っていますが、先程の体操が体に染み付いています。

だから、間違いやすくなるんです。

アレンジグーチョキパー体操をやる時はゆっくりやりましょう。

できないことで不安にさせてはいけません。

やる気がなくなると何の意味もありませんからね。

動画を作りましたので御覧ください。

動画

まとめ

脳イキイキ若返りグーチョキパー体操はいかがだったでしょうか?

口と手は連動しているんですね。

だから、ちょっと難しくなるのです。

簡単だと思ってから行うとそのできないというギャップに笑いが起きます。

笑って脳を活用して脳神経を増やしていきましょう。

そして、じゃんけんレクの本をご紹介しておきます。

とても、簡単ですぐ現場で活用できますよ。


誰でも簡単に活用することができるアイデア満載の本  じゃんけんレク

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。