リハビリの学生さん必見!現役作業療法士が教える!効率的な国家試験勉強方法!

いつも読んでいただき誠にありがとうございます。
日常生活を楽しく過ごせるよう日々工夫をしているアイデアわくわくリハビリの山口です!

今回は、作業療法士国家試験に合格するたった一つのコツについてご紹介したいと思います。

国家試験勉強法

試験勉強の思いでとして、国家試験の勉強はかなり大変です。

人生の中で3本の指に入るくらい勉強したと思います。

僕は26歳の年で学校に入学したので現役の子達とは勉強の理解度や効率性は良くなかったです。(現役でない方が全員、僕みたいに覚えが悪いという意味ではありません)

とにかく量でカバーしていましたね。

でも、効率の良い勉強法はあるのですね。

国家試験に合格したら良かったですが、もっと効率の良い勉強をしておけばよかったなと思います。

その理由としてはですね。

いまだに夢で国家試験を受けている夢を見ます笑

それはそれはゾッとします。

それだけストレスだったのでしょうね。

効率の良い勉強方法はずばり、勉強した内容を

思い出すこと・説明することです。

では、どのようしたら、思い出すことと説明することを効率良くできるようになるのでしょうか?

以前、関連記事で書いていますので国家試験に合格するコツはこちらを参照してください

説明するフォーマットを決めます。

そうすると思い出しやすくなりますし、覚え方が統一されて覚えるスピードが上がります。

フォーマットの結論から申しますと

結論→理由→詳細→まとめ

です。詳細は上記の記事を読んでください。

現代文明の力を活用 アプリとWEB

時代は進み、勉強にも便利な道具が増えました。

自分の時代は重い教科書をリュックに何冊も入れてひたすら坂道を登って登校していました。

しかし、今はネット(WEB)やアプリで勉強できるようになっています。

隙間時間を利用して効率よく思い出す・説明するということの勉強が出来ます。

今回は2つご紹介します。

アプリ

PTOT共通問題という問題を出題するアプリがあります

このアプリは1問するごとに1回答・解説があります。

10問解いて、合計点が出されます。

合計点よりも隙間勉強に役立ちます。電車やバス通学の時間を活用して勉強する・予習するということができます。

それと間違ったノートを作っておけば、同じ間違いをすることが激減します。

間違ったノートの書き方は、間違った問題を写して、何で間違ったかの経緯とその時の感情を書きます。

それに加えて、対策を書き込むと記憶力が上がり、間違った選択をしない確率が増えます。

感情記憶を利用した勉強法です。

次にWEB問題を活用してみましょう。

これもスマホがあれば簡単にできます。

「理学療法士・作業療法士 国家試験対策 WEBで合格!」は株式会社クリエイターズが運営しています。
クリエイターズでは、障がい者さんの強みを活かせる業務を行っています。名刺やパンフレット作成などDTP事業、清掃、農業、事務作業、営業と多種のお仕事からご自分に合った業務を行えるよう実現していきます。

引用文章はこちらから

理学療法士・作業療法士 国家試験対策 WEBで合格の特徴は、

10問連続して解くことが出来ます。

終了後に、解説がなされます。

ですので、間違った問題をクローズアップしやすいです。

その後は、間違ったノートを書き溜めていけば、より効果的な勉強ができます。

勉強時間を決める

人の集中力はだいたい90分が限界です。

なので、専門学校の授業は90分と決められているのです。

研修も長くて、2時間です。

だいたい、脳の構造と集中力から言いますと勉強時間は90分が望ましいです。

それ以上は、ダラダラして良くありません。

時間を決めて集中してとにかく90分間、集中して勉強する。

スマホも触らない。

余計なことは考えない。

ひたすら勉強することが大事です。

国家試験も集中力が大事です。

本番の試験でも集中力が途切れないように練習していると思えば、90分なんかあっという間です。

それでも集中力が続かない方は75分、60分、45分と区切って勉強してみましょう。

リラックス方法

勉強した後にさらに集中して勉強をしないといけないことがあります。

例えば、解剖学をしたら次は運動学というように。

集中力が切れたら戻しにくいですよね。

自分がやっていた方法が役立つ方もいると思いますのでご紹介します。

それは、お笑い番組・動画を10分観るということです。

笑うことで脳への血流がアップします。

記憶をためておく海馬の機能がアップします。

笑うことをオススメします。

僕はよく『ガキ使』の録画を観ていました。

とにかくヘイポーが好きですね。

皆さんも笑ってから勉強していかがでしょうか?

オススメ動画

まとめ

学生の皆さん、読者の皆さん、いかがったでしょうか?

アプリやWEB問題を活用して効率的な思い出す・説明するを試してみてください。

国家試験に合格されて、高齢者の方や病気や怪我で日常生活に支障がある方の支援を一緒にしていきましょう。

この記事が国家試験勉強にお役に立てることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在、デイサービスで作業療法士として働く傍らセミナー講師として県内外で活動中。アイデア1つで生活は豊かになるがモットーです。月刊デイやリハージュや活動と参加のリハビリ・訓練アイデア集に自身の生活改善のアイデア・リハビリ・レクリエーションについて寄稿。このサイトが、あなたの新しいアイデアにつながることを願っています。